エステVS美顔器

色々悩んだ末に、私は一つの結論にたどり着きました。
それは、エステか美顔器かという選択。
整形はやっぱり嫌だし、マッサージや運動は面倒。
食べ物だけではよくならないだろうから、どちらかをやりながら、たるみ解消に効果的な食べ物もできるだけ取り入れるという方法でいこうかと。
そこで、それぞれの特徴を再確認してみます。
その上で、どちらが私に合っているのか、よく検討してみることにしました。
皆さんも参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

エステ

メリット
エステに通うメリットは、楽にリフトアップができるところでしょう。
自分は寝ているだけでいいわけで、全てスタッフにお任せし手入ればたるみも徐々に解消されていくという、とても楽なたるみ解消生活を送ることができるでしょうね。
また、スキンケアなどの美容知識もつくでしょう。
美意識が高くなることは非常にいいことなので、エステに通う=美しくなるというのは施術だけでなく、自分の意識が高まるということもあるでしょう。

 

デメリット
エステのデメリットとしては、毎月それなりにお金がかかるということ。
初回は安くお試しできたとしても、次回からは通常価格となりますので、リフトアップ(フェイスケア)の場合、10000円〜15000円位が相場のようです。
週に1回通うだけでも結構な出費となります。
まあ、自分への投資とすれば、それもありかもしれませんが…。

 

 

美顔器

メリット
美顔器のメリットは、一度購入すればその後はお金がほとんどかからないことでしょうね。
電気代と、専用ジェルなどを購入する費用がかかったとしても、数千円程度ですので、決して高すぎて大変ということはないでしょう。
また、いつでもどこでもある程度自分の都合でケアできるのも美顔器のよいところ。
毎日行わなくてもよいという点も、面倒臭がり屋さんには大きなポイントでしょう。

 

デメリット
美顔器のデメリットは、ケアを忘れがちなことでしょうか。
週に2回程度のケアなので、どうしても忘れてしまいがちになります。
また、自分で行うため、肌への当て方によっては、せっかくのケアが台無しになる場合もあります。
まずは、説明書をよく読んでケアを行いましょう。

 

 

 

どちらにもそれぞれよいところがあり、また悩んでしまうデメリットもあります。
お金に余裕があれば、エステも全然ありでしょうが、まあ私には無理。
ただし、月に1回〜2回くらいなら通えないこともないので、体験してみて話を聞いてみようかと思いつつ、美顔器を探している面倒くさがり屋な私。
とりあえず、夏のボーナスまでじっくり考えて、それからアクションを起こそうと思いながら生活を送っております。
どんなに性格が悪くたって、たるんだ顔で生きていくのは嫌ですからね!
見た目の若さを取り戻して、バラ色人生送ってやるわ〜!